英語学習

オーストラリア・ニュージーランド大学留学ホーム 英語学習 > 留学前の英語学習

留学前の英語学習

留学に必要な英語力とは

オーストラリア・ニュージーランドの大学の多くは出願時にIELTSやTOEFLのスコア提出が義務づけられています。一般的に3年制大学へ直接入学をする場合、 IELTS6.0〜6.5が必要となり、学部入学の為の準備コース(ファンデーション、ディプロマ)でもIELTS5.5〜6.0を要求します。目安として英検2級の合格者がIELTSを受験した場合、スコアは平均して5.0〜5.5となります。

英語力が不足していても現時点での英語スコアで願書を提出し、入学までの間にこの基準に達することができれば、現地到着後すぐに大学(ファンデーション)の授業を受けられます。スコアが足りない場合は、現地到着後に留学生向けの英語コース(ESL)を受講する必要がありますが、ESLの授業は卒業単位に換算されない場合がほとんどですから、その分、卒業までの期間も伸びてしまいます。

IELTSは日本で何度でも受験できますから、何度か受験しながら対策を取り、勉強するといいでしょう。


英語力不足が招く失敗とは

留学生はIELTSやTOEFLなどの英語スコアなしでも出願手続きが出来ますが、その場合、まずは附属の英語コース で勉強することになります(条件付き入学)。附属の英語コースで勉強することが悪いことではありませんが、自分の英語のレベルを知らないまま渡航してしまうと、「いつ」大学(ファンデーション)に入学できるのか分からないまま、英語コースを続けることになります。入学時期が定まらないということは、その分、追加で時間と学費がかかります。無理や無駄のない計画を立てるためにも、早い段階でIELTSやTOEFLは受験するべきです。

ICCアカデミー は、この余分な期間と費用を極力削減するため、高校在籍中から留学に必要な英語力を鍛えるコースを学生のレベルに合わせて提供しています。英語力ゼロの学生からTOEFL/IELTSなど受験経験がある学生、そして大学への入学条件を満たしている方の更なるレベルアップなど、目的に合わせたコースを選択頂けます。