留学基礎ガイド

オーストラリア・ニュージーランド大学留学ホーム > 留学基礎ガイド > 英語のフォローアップ体制

英語のフォローアップ体制

オーストラリア・ニュージーランドの大学にはそれぞれ大学付属の英語コースがあります。そこでは、大学(ファンデーション/ディプロマ)入学に向けて、一般英語のコースとは異なり、アカデミックな英語力をつけるための英語コースが開設されています。

ファンデーション、ディプロマ、大学直接入学のいずれの場合も、それぞれのコースに入るための英語の基準点があります。各大学によりその基準点は多少異なりますが、一般的には次のように分類されます。

入学に必要な英語力

  ファンデーション ディプロマ 直接入学
TOEFL(ibt) 70~ 79~ 79~
IELTS 5.5~ 6.0~ 6.0~

※英語力の証明として英検を採用しているコースは限られます。必ず、出願前に受け付けてもらえるかどうかの確認をしてください。


英語力が不足している場合

これらの規準に満たない場合は、それぞれ大学付属の英語研修センターで基準点に達するための準備コースに通います。通学期間はもともとの英語力や在籍中の本人の努力により異なりますが、日本の高校卒業後に留学する場合、2~6ヶ月が一般的です。大学が指定する英語コースに通えば、「英語コースを所定以上の成績で修了すること」「ファンデーション/ディプロマで所定以上の成績で修了すること」などが条件となった「条件付き合格通知」を大学から入手することが出来ます。この条件をクリアすることを前提として、複数教育機関から合格通知をもらうことを「パッケージオファー」と言います。